女性

小さいうちからピアノレッスンをさせよう!

ピアノ教室の選び方

演奏する人

自分に合う教室を見つける

ピアノ教室と一口で言っても、そこで行われているピアノレッスンの内容や進め方は教室毎に、また先生によっても大きく違います。ピアノレッスンに通うにあたり、どんな目的で習いたいと思うのか、将来の目標は何なのかを最初に明確にしておく必要があります。趣味としてピアノを弾いていきたいのか、将来音楽大学などプロの道に進みたいと考えているのかで、選ぶべき教室が変わってくるためです。お子さんが習うのか、大人が習うのかによってもふさわしい教室は違います。共通して言えることは、ピアノ教室は短期で通うものではなく、長期的に通うものであるということです。自分に合わないと思ったら教室を途中で替えることはできますが、先生によってピアノレッスンの教え方や考え方が違うため、教室を替わった場合は雰囲気に慣れる必要があり、場合によっては、これまで習ってきたものを復習する必要もあります。そのため、最初にしっかりと考えてから選ばなければなりません。基本的に、通いやすいということがとても大切です。小さいお子さんなら最初は送迎が必要なので、送迎が負担にならない距離にある教室を選びましょう。それでも少し大きくなれば自分で通えるところなら、親御さんの負担も減るでしょう。大人の場合は、仕事の帰りに寄れたりライフスタイルの中に組み込みやすいことが大切です。月々支払うことになる月謝や発表会費などもあらかじめよく確認しておきましょう。本格的に習う前に、一度体験ピアノレッスンを受けると教室の雰囲気も把握できるでしょう。

勉強道具

公務員並の高待遇

新潟で社会福祉士の人気が高いのは、国や地方公共団体が運営する施設に就職できれば、公務員並の待遇が受けられるためです。また、県内には社会福祉士を養成する学部のある大学や短大がたくさんあり、社会人のために夜間学部もあるので社会福祉士を目指しやすい環境が整っています。

スイーツ

プロへの最短距離

製菓学科のある高校は多くはないが存在します。選ばれている理由は、プロになるまでの最短距離であるという点、プロになってから長く活躍できる点、スクールライフと知識や技術の習得が両立できる点、吸収力が早いという点などにあるでしょう。

男の人

働きやすい環境を求めます

使える介護・福祉系資格として、社会福祉士が注目されています。様々な相談業務を受け付けることで、コミュニケーション能力や問題解決能力が身につき、仕事以外でも役立てます。新潟県では、数多くの専門学校や大学があるため、社会福祉士を目指す人にとっては最適なところです。