勉強道具

小さいうちからピアノレッスンをさせよう!

公務員並の高待遇

勉強道具

社会人にも人気

新潟には、たくさんの県や市町村が運営している障害者支援施設や児童相談所、福祉事務所や地域生活定着支援センターがあり、これらの施設で職員として働くには社会福祉士資格が必要です。社会福祉士が勤務する職場は、国や地方公共団体、新潟の社会福祉士法人などが運営主体となっていますが、国や地方公共団体が運営している施設で働くと、公務員並の待遇が期待できます。新潟においても、給与水準や労働時間などの労働条件は、公務員のほうが民間企業よりも高い水準にあります。そのため、県や市町村が運営している施設で社会福祉士として働きたいという人は、かなりの数にのぼります。社会福祉士法人が運営主体となっている施設に就職したとしても、一般企業の事務職や営業職よりも収入面では有利です。また、会社の業績が悪くなったからと言ってすぐにリストラされる心配もほとんどなく、雇用が安定しているのも社会福祉士ならではの魅力となっています。また、新潟では社会福祉系の学部や学科を持つ大学や短大、専門学校がたくさんあるため、社会福祉士を目指しやすいのも特徴です。社会人が働きながら学習できるように、夜間学部があったり、遠隔地に住む人のために通信教育が受講できたりと、意欲さえあれば社会福祉士の勉強ができる環境が整っています。実際に、社会福祉士試験の合格者のほとんどは、社会福祉系の大学を卒業したばかりの20代前半の学生ですが、仕事をしながらコツコツと勉強を続けてきた30代、40代の人も少なくありません。社会人でも仕事をしながら取得が可能な資格として、これからも人気を維持し続けるものとみられています。